QUOIT Blog

9STORIES「古都」デジタルアート担当しました

この記事は2年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

実は先日の「SKATING」と時間軸は逆なんですが、レストラン「9STORIES」でデジタルアートを担当しました。
「9STORIES」では季節ごとにテーマを入れ替えており、今回のテーマは「古都」。
春めいたデジタルアートになっております。

さくらの花びらが迎えてくれる!デリ&レストラン「9STORIES」が「デジタルアート」×「食」で“春”限定ショーケースを開催 | FOORICH(フーリッチ)

いまもやってますので、是非いらしてください。ご飯もおいしいよ!

9 STORIES | DELI&RESTAURANT

せっかくなので、やってる内容のご紹介をば。


welcomemapping

まずは、入り口の扉を開けると桜の花びらが舞ってお出迎えしてくれるコンテンツです。
使っているセンサーは、下記の記事を参考に作りました。

TWE-Lite – ボタン電池1個で数年持つ無線ドア開閉センサを作る – Qiita

USB接続でシリアルポートを読み取る、というのが便利でした。
今回はRaspberryPiに接続して、直接HDMI出力してます。
プログラムはPythonで書きましたが、すごいシンプルにできるのでオススメです。


bigtable

こちらは、川のせせらぎにお皿を置くと、そのまわりに波紋が浮かぶコンテンツ。
テーブル上に設置されたWebカメラの画像をOpenCVで解析して、お皿を判別してます。
やっぱ便利なんですよ、OpenCV。


ちなみに、9STORIESはランチも営業しておりますが、デジタルアートは夜のみです。
(お昼は明るくて見えないので・・・w)
ランチにはお弁当も売ってます。
僕は海南鶏飯が好きです。

代々木上原、代々木八幡にお越しの際は是非お寄りくださいませ。

Comments are closed.