QUOIT Blog

HTMLコーダーという幻の職業

この記事は4年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

HTMLを初めて書いたのは高校生の頃でした。
Windows98のメモ帳にHTMLを書いてブラウザで見てみたときの感動は今でも思い出します。

…が。

時代は随分と変わりました。

私は5年くらい前、いわゆるHTMLコーダーとして働いていました。
その頃はPHPもぼんやりしか分からない状態。
ただ、HTMLを組む速度では割と自信がありました。
DreamWeaverを使い、とにかく一分一秒でも速くHTMLを組むことばっかり考えてました。

今でこそIE6対策は必要無くなって来ましたが、当時はまだまだ…
そのおかげ(?)でマイクロソフトが嫌いになりました。

さて、時は流れ…
こんな記事を目にしました。

マジで!?これ出来ないともうコーディングでは食っていけないの!?KRYPTO | KRYPTO

「SCSS」という技術の紹介。
雑な言い方になりますが、CSSをコンパイルしましょうという発想から生まれた技術だそうです。

内容について詳しく読んでいないのでわかりませんが、
少なくともHTMLコーダーという職業が無くなる可能性を秘めているということが読み取れます。
(厳密に言えば無くならないのかもしれませんが)

そもそも各種ブラウザがHTML/CSSの実装状況についてもう少し足並みが揃っていれば、
この発想はもっと早く生まれていて、HTMLコーダーは不要だったのではないかと想像します。

その立場をやっていた身からすると寂しい気もしますが、
そのうち本当に無くなる日がくるのかもしれません。

Comments are closed.