QUOIT Blog

そもそもSEOがオワコンであることに何故気付かないのか

この記事は5年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

T/O…というわけにもいかないので思ったことをつらつら書いてみる。

というか、オワコンって言ってみたかっただけだ。すまない。

そもそもSEOってなんだ

検索エンジン最適化 – Wikipedia

ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。

それ以上でもそれ以下でも無い。

所有するサイトが検索エンジンの上位結果に表示されれば、アクセス数が増えてハッピーというわけだ。

どんなハッピーなのかは人による。

何故オワコンか

Google自身が検索結果を最適化しているからに他ならない。

猪口才な技術を使って検索結果の上位に表示させるだって?

ふざけるのも大概にしたほうがいい。

本来の基準となる「良質な」コンテンツを作れ。話はそれからだ。

どんな基準を持って良質かって?

そんな質問が出る時点で、君は良質なコンテンツの制作者たり得ない。

何か別の職を探したほうがいい。

気付かないんじゃなくて、気付かないフリしてる?

SEOを商売として始めたから後に引けないのかもしれない。

もしくは、本気でSEOには未来があると信じているのかもしれない。

後に引けない人は、気付かないフリを決め込んで、無知な非IT企業に高値で売りつけるくらいしか出来ないだろう。

それだって、あと何年持つか怪しいものだ。

また、もしまだSEOという単語に希望を感じているのなら、はっきり認識しておいたほうがいい。

それは蜃気楼だ。

SEOという技術そのものに未来は無い。

今後想定されるのは「ソーシャルな」繋がりの中から導き出された基準による良質コンテンツの選別だ。

Google+を見るまでもなく、こんなことは誰でも分かることだろうけどね。

この文章の意味が分からない人へ

高円寺に来ることがあったら桃太郎寿司がうまいから、行くと良いよ。

2 comments for “そもそもSEOがオワコンであることに何故気付かないのか

  1. 2011年9月22日 at 11:22 AM

    初めて投稿させて頂きます。強気な記事だったので思わず・・・

    個人的には、
    小手先程度のSEOは、おっしゃる通り主軸とは成り得ないのかなと思います。
    「良質なコンテンツ」がメインなのは当然ですよね。検索エンジンのベクトルがそうなのですから。

    業者さんに怒られそうなのでフォローというわけじゃないけど、
    するどい業者さんはもう見据えていて、ベクトルを変えている感触があります。
    それこそおっしゃるように、「ソーシャル」な方向で。

    余談が長くなりました。
    本題に戻りますが、近所なので近々桃太郎寿司に行きますね。

  2. yakumo
    2011年9月22日 at 11:31 AM

    まさとんさん>
    コメントありがとうございます。

    > 業者さんに怒られそうなのでフォローというわけじゃないけど、
    > するどい業者さんはもう見据えていて、ベクトルを変えている感触があります。
    > それこそおっしゃるように、「ソーシャル」な方向で。

    そうですね、僕もそう思います。

    > 本題に戻りますが、近所なので近々桃太郎寿司に行きますね。

    焙り三種がおいしいので是非。