QUOIT Blog

Tumblrみたいに、「j」「k」で移動できる「jQuery.keyMove.js」

この記事は6年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

TumblrやGmail、Googleリーダーなどで実装されている、「j」や「k」で次の記事/前の記事に移動できるインターフェースが便利だなーと思って、作ってみました。

デモはこちらから
ダウンロードはこちらから

MITライセンスですので、どうぞご自由にいじってください。商用も可です。

※全角モードになっていると動きません。

使い方は簡単なので、デモのソースを見れば分かるとは思います。
移動したい要素に同じクラス名をつけておいて、そのクラスにkeyMoveファンクションを実行するだけ。

 
 


デフォルトでは「j」で次の位置、「k」で前の位置に移動します。

オプションで、キーコードを設定すれば、違うキーで移動できます。
(キーコードはこのサイトとかで調べてみてください)
ただ、ブラウザ/OSによってキーコードって変わるみたい。
そのへんは、よしなにやってちょうだい。

例)次の位置に「a」で移動、前の位置に「s」で移動する場合


不具合、疑問などありましたらコメントにてどうぞ。

Comments are closed.