QUOIT Blog

フレームワーク

この記事は7年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

私はSmartyくらいしか使ってこなかったので、symfonyやZENDといったフレームワークには正直疎い。

それ以外にもPHPのフレームワークはいろいろあるが、どれを選択すべきか、という問題は難しい。

というか、どれを使っても良いのだと思う。

基本的に、フレームワークは「開発期間を短縮する」という目的は共通している(と思う)。

しかしどれを使うにしても、そのフレームワークに馴染みがなければ、理解には時間がかかる。

だったら一回自分で作ってみようと考えた。

まだフレームワークと呼べるほどのものではないが、少しづつコードを溜め込んでいる。

作ってみると、先人たちの偉大さがわかるというものである。

途中まで作ってみて、「やっぱこれ自分で作るもんじゃなくね?」とも思うが。

「自分が使いやすいものを作ってみること」がまず一番の目的である。

これを作ることによって、自分が何を必要としているかが分かるだろうし。

そのときには、どのフレームワークが自分に合っているか、わかるような気がする。

2 comments for “フレームワーク

  1. HOGE-CHON
    2009年9月28日 at 6:50 PM

    >「自分が使いやすいものを作ってみること」がまず一番の目的である。

    こんな言葉もある。
    「チープなイノベーションより、ディープなイミテーション」
    先人達の知恵はなかなかすばらしいですよ?
    既存のフレームワークの動作・工法を理解し、構想を理解し、コードを理解・・・まではともかく、
    「自分にとって使いやすい」よりも既存のメジャーな手法や設計概念を理解することの方が重要だ。
    ・・・と、自己流でフレームワーク(もどき)を作った(ダメな)人は言っていました。

  2. yakumo
    2009年9月28日 at 8:10 PM

    HOGE-CHONさん
    深い言葉ですねぇ。
    フレームワークという形になるまでには、いろいろな過程があるのは間違いないですし、そこから学び取るものは非常に大きいと感じます。
    現在、業務で使うためにsymfonyを勉強中です。
    フレームワークを使うことで、どのように簡略化(と呼んでいいかわかりませんが)していくか、考え方を追うことが出来て楽しいですね。

    ただ、やっぱり気になるのはSQL文の処理でしょうか…。SQL文だけは自分で書いたほうがいいと思えてならないのです。。。