QUOIT Blog

プログラムの解析

この記事は7年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

たまには雑談を。

—–

引き継いだプログラムがあって、作成した人に連絡とれないという状況はよくあると思う。

しかも仕様書はない、と。

と、なると一からプログラムを解析しなければいけないわけだが、これは非常に時間のかかる作業だ。

効率を重視して作業することが難しい。

じっくりじっくり、データの流れを追っていく。

もう、自分がデータになったみたいな感じで。

自分自身が$_SESSIONやら$_POSTやら$_REQUESTやら(ry になる。

じっくりじっくり。

時々「もういいよ!!」ってなる。

で、解決策が見つかると「ひゃっほう!!」となる。

そういう日はビールがうまい。

Comments are closed.